バイロンベイ.jp

home

Aboutバイロンベイ

サービス in バイロン

アコモデーション

マナーinバイロンベイ

バイロンベイPhotos

バイロンベイお勧め    Shop

バイロンベイBLOG

バイロンベイ/オーストラリア

野生のクジラ Save the Whales

皆さんはこの問題をご存知でしょうか?オーストラリア国内では、日本政府の大量捕鯨計画によりクジラ(特にザトウクジラ)が生存の危機にさらされてる事について、ニュースや新聞等で大きくとりあげられております。
特にバイロンベイはホエールウォッチングの名所でもあり、クジラに対してイルカ等と同様の気持ちを感じてる人も多く、昨日開催されました【IWC:インターナショナルホエールコミッション】における日本人代表の方の異論に憤慨したローカルも少なくありません。
もちろん捕鯨をしている国は他にもあり、それ自体に問題があるのではありませんし、昔から捕鯨をしてきた日本の伝統に対して即刻中止すべきだと言ってる訳でもありません。ただ海には海の生態系というものが存在しており、ある生物が異常に増えても、 またその反対でも何かしらの見返りがきます。

クジラの尻尾 IWCではどこかの国だけが乱獲をしてクジラの生態系を壊さない様、良識のある捕鯨についてのルールが定められております。
ザトウクジラは一時期、乱獲により生存の危機に陥りましたが、IWCにより今まで捕鯨禁止(ザトウクジラのみ)とされて保護され、やっとあるべき数に戻りつつあります。ここで、日本を含める数カ国が元通りの乱獲を始めようとした事によりこの様な問題に発展しました。

クジラのジャンプ クジラの捕鯨に関する問題として上がってる事を簡略して説明させて頂きましたが、 何よりも自覚すべき事は海はみんなの共有物であり、クジラだけではなく、生存するいろんな生き物と共存する為にはこれからどの様にしたら良いのかを個人レベルで改めて考える必要があると世界的に話されてます。